同じ業者でも状況に応じてスプレッドの広さは変わります

「スプレッド」とは外国為替証拠金取引は通貨をトレードして利幅を上げる取引です。過払金返還請求のポイントは弁護士

価格は常時変化しています。ロスミンローヤル 効かない

これがレートです。

テレビのニュースをみていると、ドルやユーロの話題が流れるケースがあります。

例としてあげると、「現在の為替相場は80円50銭から52銭で取引されています」という感じです。

これは80円50銭から80円52銭の間で注文されているという事を示しているのではなくドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭ということを言い表しています。

言い換えると、FXには買いと売りの2つの値が存在するのです。

売値のことをビット、買値の事をアスクと表示しているFX会社も存在しています。

通常は買値よりも売値のほうが小さく設定されています。

投資家が買値は高く、売値は低くなるのです。

この差をスプレッドといいFX業者の収益の1つになっています。

スプレッドの広さは取引会社によって違います。

スプレッドの狭さは利用者にとってコストになるので、小さいFX取引会社を選択するほうが得です。

ただし、同じ業者でも状況に応じてスプレッドの広さは変わります。

例えば通常時はドル円の通貨ペアでたった1銭のスプレッドの差だったとしてもマーケットの変化が激しいときには1銭よりも広くなります。

そういう訳で、スプレッドが小さいのと同様に、固定しているのが必要です。

現在では変化しないスプレッドを見せるFX取引会社もあります。

実際にFX会社の売買画面上でリアルなレートを見なければわからないので手間がかかりますが必要不可欠な事です。

多額の投資資金を預けて取引するのですから本当の売り買いの前に、気になるFX取引会社の新規取引口座開設をどんどんして示されているスプレッドを点検しましょう。

同じ外貨でも、為替相場のボラティリティによって、通貨のスプレッドの広さは異なる場合があります。

一般的には、インターバンクマーケットで取引量の多い、流動性の高い通貨ではスプレッドが小さく、あとの通貨ペアではスプレッドの広さが拡大する事が多いです。

Link

Copyright © 1996 www.amatoruz.biz All Rights Reserved.