住んでいるマンション

民事再生という方法は住宅ローンも含む複数ある債務に困っている人々のためにマイホームを維持しながら経済的に再建するための法的な機関による手順として2000年11月に適用されるようになった解決方法です。

民事再生制度には、自己破産とは異なり免責不許可となる要素がないので賭博などで借金ができたような場合も申請は問題ないですし破産により業務の停止になるリスクのある免許で収入を得ているような方でも民事再生手続きはできます。

破産の場合には、住んでいるマンションを残すことは許されませんし、その他の選択肢では、借金の元金は完済していく必要がありますので住宅ローン等もある一方で返済をしていくことは実際には難しいと思われます。

ただ、民事再生という手続きを採用できれば住宅のためのローンを除く借金は削減することができますので十分に住宅ローンを続けながら他の債務を払っていくことができるというわけです。

しかし、民事再生という方法は任意整理による手続きまたは特定調停とは違いある部分のみの借金だけを省いて処理していくことは許されませんし自己破産の場合のように借金そのものが消えてしまうということではありません。

くわえて、別の債務整理に比べて処理が複雑で時間が必要ですので住宅のためのローンを組んでいて住居を維持していきたい場合など以外の自己破産等のそれ以外の方法がない際の最終的な方法とみなした方がいいと思います。

Link

Copyright © 1996 www.amatoruz.biz All Rights Reserved.